埼玉県でフロアコーティングを施工する前の準備

subpage01

フロアコーティングは、床の状態を良好な状態に保ち続ける事が出来る施工です。

ターゲットに応じた埼玉のフロアコーティングについて解説いたします。

昔は、ワックスが多く施工されていましたが今では、保護性能や耐久性が優れているフロアコーティングが多く選ばれています。

埼玉県だけでなく全国各地でも新築住宅に多く採用されています。
そんなフロアコーティングですが、用途や目的によってタイプを選ばなければなりません。
施工する前にどのような特徴があり、効果がいつまで継続するかなどを知っておく事が大切です。
自分が狙っている効果を得るためにタイプ別にコーティングに関する知識を得ておくと良いです。
近年、人気を集めているのがウレタンコーティングとガラスコーティングです。

UVコーティングは、特殊樹脂に紫外線を一定時間照射して固める方法で耐久性が最も優れています。



新築時に施工をすれば向こう30年はメンテナンス不要となります。
ガラスコーティングは、無機質のガラス剤を用い最新のナノコンポジット技術を採用したコーティングです。
耐久性は20年程度ですが、最も固く安全性の高いコーティングとなります。


耐久性はやや劣るものの初期費用を抑えて中期的にフローリングを保護出来るのがウレタンやシリコンコーティングです。



ウレタンは摩擦に強くシリコンは薬品に強いメリットがあります。

フロアコーティングを埼玉にて施工される前にはコーティングのタイプ別に知識を持っておく事が大切です。
埼玉では、施工件数も増加しており依頼出来る業者も多いです。